ミニマリスト界隈がざわついた「断◯◯」の商標登録問題

先日ユーチューバーの Minimalist Takeru さんが公開した動画を皮切りに、ミニマリスト界隈がざわついていることがあります。
それは断◯◯が商標登録されている為、商用(この場合、広告収益のあるYouTubeに使用すること)で使用することはできないという問題です。
タイトルやハッシュタグだけなら消したり言葉を書き換えることができますが、動画はそういう訳にはいかないので、Takeruさんは何百本も削除されたそうです。
詳しい経緯などはご本人の動画をご覧ください。

例えばこれは「昨日◯◯キャラ祭りに行ってきました」という動画をアップしたら、みうらじゅんさんに訴えられた、というような事ですよね。(怖いので一応伏せ字…)
この一連のざわざわで断◯◯の提唱者は少々嫌われてしまったようです。
法的にはそうだけど、でもさぁ、、という雰囲気が広まってしまったので、ちょっと挽回は難しそうな感じ。
普通に会話に馴染みきった言葉であればこそ、発する時に商標登録の有無など確認しないと思います。商品名や本のタイトルならいざしらず、YouTubeやブログを「商用」とひっくるめてしまわれることの難しさを感じました。
今1円も稼いでいない私ですら気をつけておかないとな、と思うのです。

使っていた人が続々と動画を削除していくという事態になっていて、せっかくのコンテンツが…ともったいない思いです。お世話になった動画もあると思います。
仕方ないので、さっさと切り替えて、地味変さんが動画中で新しく提唱された「断活」を私も使っていこうと思っています。

明日も仲良く元気に!
ではまたー。