はちみつ瓶

乾燥する季節

ハンドクリームがこのまま洗面所にどんと置いてあるのがちょっと嫌
はちみつの瓶に入れ替えた
ワセリンも小さなはちみつの瓶に入っている
フランスのホテルで朝食にでてきた瓶入りのはちみつ
自分へのおみやげ、無料

瓶や缶が好き
コレクターという訳ではないけど
入れ物が気に入ったから買うこともある


観葉植物と熱帯魚

自分切りした前髪がおかしなことになった
沖縄の潮風で髪がガワッとした
神戸に来てから開拓した美容室へ
2回目


美容師さん一人でしていて、静かでのんびり
植物と熱帯魚がお好きとのこと
観葉植物と熱帯魚がいっぱいの店内
すごく好きな感じ

美容室を選ぶときにお店のインテリアは重要
自分と趣味が似ていれば、変な髪型にされなさそうで


この緑コーナーは外からも見える


吊るすのも素敵
うちもこんな風にしたいな
水やりが大変そうだけど
あと、ミケランジェロがかじるから対策が必要


みーちゃんのニラと餃子レシピ

ミケランジェロを迎えに滋賀の実家へ

ワイルドな庭を一回りして、ニラ、ツルムラサキ、モロヘイヤを持たせてくれた
ニラは一抱え
スーパーで売ってる束7〜8束くらい
最初の消費は餃子
時々しか作らない
最後に作った時は肉が多過ぎて、肉肉しく重たい食感になってしまったから、今回は肉を少なく少なく


豚ミンチ、キャベツ、ニラ、味噌、生姜
ボウルに写って見にくいけど、ミンチは全体量の1/5


混ぜると、肉の存在あまりなし
香菜入りのも作ってみる
あと初めて米粉の皮を使った
焼くと焦げ目がカリッとして美味しい
焦げてない所はモチっと

結論
餃子は野菜多めの方が美味しい


39

沖縄旅行記11日目


沖縄で39歳の誕生日

昨日寝る前に、日付けが変わっていたので、夫からプレゼント。夜光貝のピアス。光の当たり具合で色が変化して虹が見える。つやつやに磨かれていて手触りがよく、少し重めなのも素材感が感じられて良いなぁ。

1〜2ヶ月前からカレンダーに自分の誕生日がちらちら見え出して、次になるのは39歳だと気付いて愕然として、久しぶりに誕生日が恐ろしくなった。(29の時以来)
自分がアラサーじゃなくてアラフォーだと気付いたのがほんの数ヶ月前。なのに30代もあと1年だなんて、この崖っぷち感。もう間違いなくおばさん。
9という数字の破壊力に今回も大分やられてしまった。十進法じゃなくて二十四進法とかだってらショックを受けるのも24年に1回だったんじゃないかとかしょうもない事を考えたり。
しばらく真剣に無駄に落ち込んだものの、どうせ一瞬ずつ歳はとっている訳で、誕生日はあまり関係ないな、と。(記念日に対して淡白な性格が役に立った)

でもせっかくの節目だから自分の事を考えてみる。

外見的には確実に年月を経ているわけだから、自分に合う、自分を引き立てる服装を心がける。質の良い(高価でなくても気にいる)ものを少しだけ持つように。これずっと思っていてなかなか実践できない。若作りじゃなくて、素敵な大人になりたい。

体調が不安定なのと上手に付き合う方法を模索してみる。まずは何故何時、調子を崩すのか自分を観察することから。

アクセサリーのお仕事はこの先どうして行くか、時間がかかってもいいから考える。今の状況はちょっと壁に当たっているように思うから。

どこに行きたいのか、誰と会いたいのか、ずっともやもやしているこれについてもじっくり考えてみる。

どれももやっと霧の中。お正月に立てる今年の目標は、ダイエット!英会話!といつも分かりやすいのに。
39歳の1年だけでは片がつかないと思うので、じっくりと。


こんなにも青い青いきれいな所で誕生日なんて幸せな子
(facebookによると3年前の誕生日はバリにいたらしい。)

 
沖縄旅行、最後の1日が暮れていく
また来るね


鮮やか竹富島

沖縄旅行記10日目


船で竹富島へ
ほんの15分
海も空も、青い


重要伝統的建造物群保存地区に指定された街並み
赤瓦の屋根、珊瑚の白砂の道、琉球石灰岩の塀
島全体が青い空と海に合わせて作られたみたい
小さな島だから移動はレンタサイクルが一番
決められた駐輪場以外に停めてはいけない
(景観!)


お店の看板なども控えめにするように決まっているらしく、視覚的に邪魔なものがない
目立つ色といったらハイビスカスと黄色い彼岸花


天気が良かったし、街並みの美しさに気分が良くなっていたのもあると思う
海が透き通った淡いエメラルドグリーン
沖縄で見てきた中で一番感動


とにかく色彩のコントラストに心打たれる
青い空に赤い屋根
シーサーもかわいい


外の席で食べる八重山側


広いビーチ
ずっと遠くの方まで浅くて、足首から膝の深さを行ったり来たり
浅いところがエメラルドグリーンに見えるから、ずっと向こうまでエメラルドグリーン
あまりに綺麗で、後から見返したら写真はこの一枚だけ