映画:シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜

昨日Amazonビデオで観た映画
原題は Comme un chef
★★★★★

フランスのほっこり系コメディ映画だった。
アメリカのコメディがちょっと力技な感じなのに対して、この映画のユーモアは邦画的でくすくすっとなる。
2012年に公開されたそうだから少し前だけど、ジャン・レノは良い感じの貫禄あるおじさんだった。
レオンのイメージとは違って(もちろん演技もあってだろうけど)角が取れた愛すべきおじさん。

すごく良くできたハンサムとかじゃないのに惹かれるジャン・レノの魅力はなんだろう。
そういうの良いな。憧れる。
そういえば、フランス旅行をした時にパリのカフェで見かけたおじさんがジャン・レノ風で、すごい横目で観察したっけ。
一人がけソファにゆったり腰掛けて、カフェラテを飲んでいたおじさん。
ゆったりニットに履き込んだ感じのジーンズ、丸メガネに短髪。
朝から小洒落たカフェでのんびり朝食っていうのが最高にパリっぽいと思った。

日本とアメリカ以外の映画を観るのも良いな。