おみくじの謎が解ける

かれこれ一週間前のことになってしまうけど、今年は元旦に近所の神社に初詣に行った。
近所だからという理由で出かけたので、失礼ながら神社の名前も何がご専門の神様だったかも分からない。

我が家から歩いて2〜3分の所に第一神社。
小さめの所で、参拝客も数人。
まずここでお参り。

我が家の周りはお屋敷が多くて、途中ですごくいい雰囲気の場所を通った。

次がお目当ての神社だったんだけど、すごい人の列。
本殿でガランガランとする人の列だった。
さっき(別の神社の)本殿でガランガランしてお参りしたから良いか、ということで列には並ばず中へ。

横の小さな所でお参り。

そしておみくじ。
今年のおみくじは色々良かった。
去年「大吉」で今年「吉」なので下がってはいるけど、清々しい気分になれた。
まず販売所でおみくじについての説明をもらって、今までごにょごにょしていた事がすっきり解決したこと。
そしておみくじの文章が現代語ですっと入ってきたこと。
なんといっても一番すっきりしたのは文面だ。
「あんた今年別に何もないよ。平凡だよ。だけどそれがいいじゃん?そういうのって幸せじゃん?」
みたいな開き直った悟り感。
すごく感心して納得したので説明書きの通り持ち帰ることにした。
今はお財布の中。

BTW
占い等は全然信じない質である。
去年は大吉だったけど、夫も大吉で、周りの人を覗き見したらことごとく大吉だった。なんだかなー。