チョコレート焼きそばと抹茶ヌードル

ペヤング チョコレートやきそば カップヌードル 抹茶

カップ麺はそんなにしょっちゅう食べる方ではないんだけど、先日コンビニで気になるのを見つけて買ってしまった。
ペヤング チョコレートやきそば ギリ
カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味


我が家で試食会。
こういう変なのは、食べて「え、別に普通」となることが多い。
隠し味にチョコレートが入ってる、ってくらいでチョコ感なんてそんなにないんじゃないか。
と思っていたら、ソースをかけた瞬間からすごい甘ったるい匂い。(臭い)
すごかった。
紅しょうがだと思ってたのはフリーズドライのいちごだった。
ああー、すごかった。

ちゃんと残さず食べました。



抹茶の方は普通のシーフード味という感じ。
麺とスープが緑がかっているものの、抹茶感はほとんどない。
なぁんだ、と思ったけど、チョコレートの口直しには良かったので結果オッケー。
浮世絵のパッケージは楽しい。

 


ペヤング チョコレートやきそば ギリ


カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味


J.S BURGERS CAFE

去年末イーマにできた J.S BURGERS CAFE でバーガーにかぶりついてきた。
ベイクルーズブランドが好きなので前からお店の存在は知っていたけど、やはり東京。
なんでも東京からでいいわね、と思ってた。
ある日夫がハンバーガー食べに行こうか、と誘ってくれて、行ってみたら J.S BURGERS CAFE!♥
元からあったrelume(だったような…)を半分ほどカフェにしたようだ。
もう半分は etc.JOURNAL STANDARD という名前でライフスタイル系のお店にしてある。


どれもこれも美味しそうで、選べなくて、期間限定のバーガーに。
PHILLY CHEESE STEAK BURGER
フィリーチーズステーキバーガー R:¥1380
ハンバーガーを食べるなら、ドリンクと合わせて予算は1,500円程度。
ちょっとするけど納得の満足感。

ハンバーガーは写真通りのボリュームで出てきた。
パテはすごくジューシーで、ソースやチーズはトロトロ。
ちょっと食べにくいので包み紙が容易されている。(モスバーガー包む紙)


夫は紳士にナイフとフォークで食べてた。


突然こんなどれもこれも美味しそうなメニューを見たら興奮して選ぶのがたいへんなので、事前にメニューをチェックして行くのがおすすめ。

J.S BURGERS CAFE

期間限定メニューはブログで紹介されていて、ものすごく気になるのがあった。

スーパーチーズバーガー
“TOO MUCHEESE FAIR”1/11〜START!!
SUPER CHEESE BURGER
スーパーチーズバーガー¥1380
毎週火曜日のみ食べられるプレミアムバーガー!
バンズの代わりにカマンベールチーズでサンドしたアメージングな逸品!

カマンベールでサンド!?確かにアメージング。
普通のの方が美味しいんだろうな、とは思いつつ気になる。
基本のJ.S.バーガーも食べたい。
スイーツもすごいの。
最近ご無沙汰のイーマに通わなきゃ。


鍋出汁の行方

鍋の出汁

今日のお昼はかき揚げうどん。
昨日の夜食べたごま油と塩のあっさり鍋スープに、舞茸をどっさり入れて、買ってきた甘エビのかき揚げをのっけた。

夜食べた鍋のスープを翌日リサイクルして飲みきる、というのが最近の定番。
鍋の出汁は食べ終わる頃に美味しくなる。
元々出汁を取るために入れた昆布や鶏ガラスープに肉と野菜の旨味がじわじわ出て、食べ終わる頃に仕上がる。
我が家は鍋と一緒に白ご飯を食べる事が多く、しめに雑炊をすることがほとんどない。(麺は時々ある)
だから結構なみなみと美味しいスープが残るのだ。

一昨日はキムチ鍋のスープでうどん。
春菊と卵を加えた。
お昼に麺を入れて食べきる事が多いけど、かきたまスープにしたり、野菜の煮浸しに使ったりすることもある。

ザザーッと捨ててしまったこともあったなぁ。
もったいないことをしたもんだ。


干し柿レポート

干し柿

年末に夫が仕込んでいた干し柿が美味しかったので、作り方をおさらい。


私が出店した EIN OPEN DEPARTMENT に来てくれた夫が干し柿セットを買ってきた。
渋柿と、吊るす専用パーツのついたひも。
渋柿は1個45円だったそう。


まず皮をむく。
ここで渋柿はどれくらい渋いのか、の実験。
むいた皮のぺろんと舐めてみたらそれだけですごい渋さだった。


T字に残してある枝を引っ掛けパーツに通す。
この後柿を1個ずつ沸騰したお湯に5秒程度くぐらせて殺菌。


お湯にくぐらせた柿を触らないように、そのままベランダへ。
直射日光が当たらず、少々の雨なら大丈夫そうな所につるす。
気持ち程度だけど、柿の外側に手ぬぐいをつっておいた。

3日後に霧吹きで焼酎を吹きかけて殺菌。
その後も1〜2回、霧吹きしてたかな。


一週間ほどすると外側が乾いて第2皮のようになっているので、揉む。
中の果実を崩すようにしっかり揉んだ。
さらに3日ほどしたらまた揉む。
揉むことで早く甘くなるそうだ。
その後は大雨の日に室内に取り込んだけど、それ以外は放置。


2週間ほど干して完成。
思ったより黒い。大丈夫かな・・・
お店で見るきれいなオレンジのを見慣れていると少しびっくりするけど、どうやらこんなものらしい。


お正月に食べてみたけどちゃんと干し柿。
美味しい!

紅白なますにも。
時間を置くと柿のとろみが馴染んでとても美味しかった。

美味かったし、難しくないし、少しだけ手をかけるのが楽しいし、買うより断然易いし、来年も作ること決定!(作ったのは夫で私は撮影係・・・)

 


干し柿クリップ


初めてのいちごビュッフェ

いちごビュッフェ

お誘いいただいてセントレジスホテルのいちごビュッフェに行ってきた。
久しぶりに会う人も含めて、女性5人。

前日ふと値段を確認してみると、驚きの5,800円!
一流ホテルだし、時期としてはまだ早いいちごだし、そもそもいちごって高いし、メニューも豊富だし・・・
と色々理由を並べて5,800円を飲み込む。
15:00から17:00の2時間制で一斉に開始となるので、最初の一皿が大変だった。
女子、女子、女子、じょしじょしじょし
人混みの中をかき分けて進まないといけない。
いつありつけるやら心配になる程で心配したけど、2回め以降は分散して落ち着いていた。

いちごビュッフェ

1皿め
前日見たメニューで気になっていた巻きずし、いちごのリゾット、いちごとアボカドのサラダ。
それから名前忘れてしまったけど、ブランドいちご4種。

いちごビュッフェ

2皿め
スイーツを山盛り。
かわいく盛り付けたい、なんていう気持ちは一皿めを取りに行く時点で捨ててしまった。

いちごビュッフェ

3皿め
結局一番美味しかったのではないか、という素のいちごを山盛り。

初めてのいちごビュッフェはとても楽しい経験だった。
でももう行かないかな。
正直に言うと一品一品の味は普通。
美味しいいちごスイーツをたらふく食べたいならキルフェボンでいちごタルトを2つ頼んだほうが良い。
ただ、あの空間に所狭しと並んだいちごスイーツの嵐には興奮する。
楽しくなっちゃって、おしゃべりが弾んで、後半はいちごのことを少し忘れてしまっていたくらいだ。
気づいたらもう時間になっていて、残念だったな、コーヒー注文するからあと1時間くらい久しぶりのお友達とおしゃべりしていたかった。