鍋出汁の行方

鍋の出汁

今日のお昼はかき揚げうどん。
昨日の夜食べたごま油と塩のあっさり鍋スープに、舞茸をどっさり入れて、買ってきた甘エビのかき揚げをのっけた。

夜食べた鍋のスープを翌日リサイクルして飲みきる、というのが最近の定番。
鍋の出汁は食べ終わる頃に美味しくなる。
元々出汁を取るために入れた昆布や鶏ガラスープに肉と野菜の旨味がじわじわ出て、食べ終わる頃に仕上がる。
我が家は鍋と一緒に白ご飯を食べる事が多く、しめに雑炊をすることがほとんどない。(麺は時々ある)
だから結構なみなみと美味しいスープが残るのだ。

一昨日はキムチ鍋のスープでうどん。
春菊と卵を加えた。
お昼に麺を入れて食べきる事が多いけど、かきたまスープにしたり、野菜の煮浸しに使ったりすることもある。

ザザーッと捨ててしまったこともあったなぁ。
もったいないことをしたもんだ。


干し柿レポート

干し柿

年末に夫が仕込んでいた干し柿が美味しかったので、作り方をおさらい。


私が出店した EIN OPEN DEPARTMENT に来てくれた夫が干し柿セットを買ってきた。
渋柿と、吊るす専用パーツのついたひも。
渋柿は1個45円だったそう。


まず皮をむく。
ここで渋柿はどれくらい渋いのか、の実験。
むいた皮のぺろんと舐めてみたらそれだけですごい渋さだった。


T字に残してある枝を引っ掛けパーツに通す。
この後柿を1個ずつ沸騰したお湯に5秒程度くぐらせて殺菌。


お湯にくぐらせた柿を触らないように、そのままベランダへ。
直射日光が当たらず、少々の雨なら大丈夫そうな所につるす。
気持ち程度だけど、柿の外側に手ぬぐいをつっておいた。

3日後に霧吹きで焼酎を吹きかけて殺菌。
その後も1〜2回、霧吹きしてたかな。


一週間ほどすると外側が乾いて第2皮のようになっているので、揉む。
中の果実を崩すようにしっかり揉んだ。
さらに3日ほどしたらまた揉む。
揉むことで早く甘くなるそうだ。
その後は大雨の日に室内に取り込んだけど、それ以外は放置。


2週間ほど干して完成。
思ったより黒い。大丈夫かな・・・
お店で見るきれいなオレンジのを見慣れていると少しびっくりするけど、どうやらこんなものらしい。


お正月に食べてみたけどちゃんと干し柿。
美味しい!

紅白なますにも。
時間を置くと柿のとろみが馴染んでとても美味しかった。

美味かったし、難しくないし、少しだけ手をかけるのが楽しいし、買うより断然易いし、来年も作ること決定!(作ったのは夫で私は撮影係・・・)

 


干し柿クリップ


2017テーマ

WordPress(ブログシステム)に新しいテーマ TWENTY SEVENTEEN が公開されていたので変更してみた。
ますます画像がフィーチャーされたデザインになっていて、トップページのヘッダー画像だけでなく、記事単体のページでもアイキャッチ画像が横幅いっぱいに表示される。
前回書いた記事に(迷った挙句、意を決して)自分の顔写真を載せてしまったものだから、今はそれが全画面でバーーンと表示されてしまう。
ほぼ実物大で本人もびっくりする大きさだ。
以前のテーマでは記事単体ページでアイキャッチ画像が表示されなかったので、 TWENTY SEVENTEEN に変えて画像がダブってしまっているのも気になるけど、まぁ良いか、すぐに流れていく、と思う。
スマホでの見え方もすっきり見やすい。
ただトップページヘッダー画像が縦長なためにミケランジェロのかわいい顔が切れてしまう・・・
まぁ良いか、背中だけでもかわいい。

シンプルなデザインが好きなので、WordPressの公式テーマはいくつか使ってきた。
今回も気に入ったのでしばらくこれで行ってみよう。


わりとショート

ショート

ばっさりと、久しぶりのショート。
20cm以上切ってきた。
石田ゆり子があまりにもチャーミングなものだからムラムラとショート欲が高まってしまった。

持論だけど、ある程度の年齢を超えると断然短い方が良い。
ショートから鎖骨くらいのセミロングまで。
丁寧に手入れをしている人でも必ず若い頃の艶は失われていくので、ロングだと固くバサバサと見えて印象が老け込む。
元々猫っ毛で艶もそれほどではなく手入れも全然なってない私、なおさらロングとの決別の時期が早めのほうが良いと思う。
45歳までかな。あと5年か…

ネガティブな理由だけじゃない。
ショートにするとスタイルがよく見えるのだ。
視覚的な重心が上がり、5cmばかりヒールが高くなったような効果。
それから省エネ。
今日美容師さんが言っていた。東北の地震の後、節電の為にバッサリと短くする人が増えたと。
そしてMICHE40で作っているヘアバンドがよりかわいく着けられるということ!
もちろんロングでもかわいいけど、ショートの人が着けるとさらにかわいいなあ、といつも思っていた。

ものぐさなもので、また放ったらかしで伸びてくるだろうけどしばらくショートを楽しむことにしよう。

 
 

MICHE40 (みけよんじゅー)

シンプルでナチュラルな物が好きな人へ。

リネンや天然素材のアクセサリーです。

シンプルな服装に合う、

アラフォー世代がすんなりと受け入れ、
時にはちょっと挑戦したくなる、

そんな感じ。

http://miche.sachi.co/
https://www.instagram.com/sachikoishida/


おみくじの謎が解ける

おみくじ

かれこれ一週間前のことになってしまうけど、今年は元旦に近所の神社に初詣に行った。
近所だからという理由で出かけたので、失礼ながら神社の名前も何がご専門の神様だったかも分からない。

我が家から歩いて2〜3分の所に第一神社。
小さめの所で、参拝客も数人。
まずここでお参り。

我が家の周りはお屋敷が多くて、途中ですごくいい雰囲気の場所を通った。

次がお目当ての神社だったんだけど、すごい人の列。
本殿でガランガランとする人の列だった。
さっき(別の神社の)本殿でガランガランしてお参りしたから良いか、ということで列には並ばず中へ。

横の小さな所でお参り。

そしておみくじ。
今年のおみくじは色々良かった。
去年「大吉」で今年「吉」なので下がってはいるけど、清々しい気分になれた。
まず販売所でおみくじについての説明をもらって、今までごにょごにょしていた事がすっきり解決したこと。
そしておみくじの文章が現代語ですっと入ってきたこと。
なんといっても一番すっきりしたのは文面だ。
「あんた今年別に何もないよ。平凡だよ。だけどそれがいいじゃん?そういうのって幸せじゃん?」
みたいな開き直った悟り感。
すごく感心して納得したので説明書きの通り持ち帰ることにした。
今はお財布の中。

BTW
占い等は全然信じない質である。
去年は大吉だったけど、夫も大吉で、周りの人を覗き見したらことごとく大吉だった。なんだかなー。